ダイブボールを投げるだけ

ダイブボール厨によるポケモンブログです。

【剣盾s16シングル】デクレッシェンドムゲンカグヤ【最高1973・最終1924(435位)&1922(445位)】

こんにちは、AIです。

シーズン16お疲れさまでした。

今期も2000達成できませんでしたが、供養と反省のために記事を残したいと思います。

f:id:aipokemon:20210401222959p:plain

このエーテルガールの持ってるボール、どうにかダイブボールにならんかな?

 

【構築経緯】

前期の記事を漁っていて、ムゲンカグヤが使いたくなり、いっぺーさんの下の記事の初手ダイマカグヤが強そうだったので使ってみることに。

【S15最終86位】宇宙砲ムゲンカグヤ - ippeipokeの日記 (hatenablog.com)

(問題があれば消します。いっぺーさんありがとうございました。)

受け崩しのエースバーンが使いこなせなかったので色々と便利なボディプレスつのドリルラプラスに変更した。

微調整を加えて完成。

(いっぺーさんの構築とほとんど中身は同じなので、いっぺーさんの記事を読んでください。僕は自分が思ったことだけ書きます。)

 

【個体紹介】

ムゲンダイナ@パワフルハーブ

f:id:aipokemon:20210401223651p:plain

実数値:215-*-115-197-116-200

努力値:0-0-0-252-4-252

技構成:ダイマックス砲/メテオビーム/火炎放射/自己再生

 

調整意図

S:最速

C:最大

D:あまりダウンロード対策

 

禁伝枠。

ザシアンの巨獣斬+電光石火を耐えるためにBに124振った型も試してみたが、火炎放射2回でザシアンを倒せなかったので没にした。

体感選出率2位。

 

テッカグヤ@命の珠

f:id:aipokemon:20210401224327p:plain

実数値:175-*-124-172-122-112

努力値:20-0-4-236-4-244

技構成:エアスラッシュ/メテオビーム/てっていこうせん/火炎放射

 

調整意図

下の構築のテッカグヤを参考にした。

S13最終211位(2008)カグヤノラゴンエレキ - 猫足立ちの構え (hatenablog.com)

C:珠ジェットで無振りウオノラゴン確定一発

S:+1で100族抜き

H:16n-1

 

初手ダイマ枠。

こいつを通せるか通せないかのゲームをしていた。

6割くらい通せなかったので勝てなかった。

後続に置いていたとき、既にダイマックスを切っていると何もできないので注意。

体感選出率1位。

 

自然回復ラッキー@進化の輝石

f:id:aipokemon:20210302085316p:plain

実数値:325-22-62-*-134-94

努力値:0-0-252-0-68-188

技構成:地球投げ/身代わり/卵産み/小さくなる

 

調整意図

B:最大

S:後述のラプラス抜き

D:あまり

 

犯罪者ポケモン

京都大学TODサークルたる所以。

ザシアンの巨獣斬を澄まし顔で耐える化け物。

無限の勝ち筋を持っていた。

体感選出率3位。

 

貯水ラプラス@食べ残し

f:id:aipokemon:20210401225647p:plain

実数値:225-94-145-105-115-93

努力値:156-0-252-0-0-100

技構成:フリーズドライ/つのドリル/ボディプレス/身代わり

 

調整意図

前期のチハヤさんの構築のラプラスを流用。

【s15使用構築】閃光シアンロック【最終2172-1位】 - チハヤちゃんポケッと (hatenablog.com)

 

受け崩し兼ガマゲロゲヒヒダルマ対策。

エースバーンが使いこなせず代わりに入れたら案外強かった。

全く同じ型のラプラスが流行っていたので、うちのラッキーはこのラプラスを抜けるまでSに振っている。

この型ではエアームド+ラッキーorハピナスに勝てないので要検討枠。

体感選出率5位。

 

メタモン@拘りスカーフ

f:id:aipokemon:20210401230241p:plain

実数値:155-*-*-*-*-*

努力値:252-0-4-0-252-0

技構成:変身

 

調整意図

H:最大

D:ダウンロード対策

S:できるだけ低め

 

ザシアン対策枠。

初手にこいつを出して相手のザシアンをコピーしてeasy winを狙っていく。

逆にこいつをザシアンに合わせられないとザシアンに破壊されるだけである。

黒バドレックス入りにも選出していた。

体感選出率4位。

 

霊獣ランドロス@突撃チョッキ

f:id:aipokemon:20210401230555p:plain

実数値:193-216-110-*-100-115

努力値:228-252-0-0-0-28

技構成:地震/岩石封じ/空を飛ぶ/しっぺ返し

 

調整意図

A:最大

S:ダイジェットもしくは岩石封じ一回で最速ガブリアス抜き

H:あまり(大体の黒バドレックスの攻撃を耐える)

 

黒バドレックス対策枠。

元の記事に書いてあるように黒バドレックス+バンギラスに対して勝つことができたが、エアームドを誘う点はこの構築に合っていなかった。

最終日は黒バドレックスが激増したので出番が多かった。

ゼクロム入りにも割と選出した。

体感選出率6位。

 

【重いポケモン

・ガラルヒヒダルマf:id:aipokemon:20210401231227p:plain

ムゲンカグヤをぐちゃぐちゃにされる。

最終日にラプラスで対策できることに気づいて案外なんとかなった。

 

フェローチェf:id:aipokemon:20210401231319p:plain

ムゲンカグヤをぐちゃぐちゃにされる2。

テッカグヤで何とかするしかないが、こいつを抜くためにはジェットを2回打たないといけないので大変だった。

 

ミミッキュf:id:aipokemon:20210401231451p:plain

自分が使う構築はいつもミミッキュが重い。

型が多いのが悪い。

ムゲンダイナに対して出てくる謎のタラプミミッキュは何が強いかわからなかったが全試合負けた。

前言撤回、強い。

 

・その他禁伝諸君f:id:aipokemon:20210302093721p:plainf:id:aipokemon:20210302095822p:plainf:id:aipokemon:20210302094446p:plain

無理。

 

【結果】

TN:AI

最高レート:1973

最終:445位(レート1922)

f:id:aipokemon:20210401231806j:plain

f:id:aipokemon:20210401231811j:plain

 

TN:わさびのり

最終:435位(レート1924)

f:id:aipokemon:20210401231855j:plain

 

【Special Thanks】

最終日朝9時まで家を貸してくれて、アドバイスをくれたがんだーさん

がんだーさんハウスで一緒にポケモンをやってくれた先輩方

 

【おわりに】

一応レンタルを貼っておきますが、元のいっぺーさんの方を使った方がいい気がします。

f:id:aipokemon:20210401232033j:plain

他人の構築をパクっておきながら結果を出せず申し訳ない気持ちでいっぱいです。

来期は自分に合った構築を見つけてレート2000達成できるように頑張ります。

Twitter→@AI__pokemon

【剣盾s15シングル】壁偽装 蜃気楼ゼルネサイクル【最高レート1990・最終1911(630位)】

こんにちは、AIです。

剣盾シーズン15お疲れさまでした。

竜王戦シングルが開幕し、ほとんどの人が右も左もわからない状態で始まったシーズンでしたが、最高レートを更新し、初の最終三桁を記録できたので記事にしたいと思います。

f:id:aipokemon:20210302072849p:plain

どうでもいいけど、このエーテルガールのポーズ、粗品みたいじゃない?

f:id:aipokemon:20210302101702j:plain

 

【構築経緯】

最近よく見ているポケモン実況者リドル氏が使っていた鉢巻ゼルネアスが、環境のゼルネアスが全員ジオコン型であることから、意表をつける上刺さりそうだったので軸とすることに。

【ポケモン剣盾】こだわりハチマキ型ゼルネアスはガチ。突然の物理技で相手を破壊する世界線 - YouTube

(宣伝のつもりですが、無断転載なので問題があれば消します)

壁展開に見せかけて高火力を押し付けられる珠ドラパルトと眼鏡レジエレキを採用。

ゼルネアスが呼ぶ鋼禁伝であるザシアン日食ネクロに強い枠としてアーマーガアを採用。

カイオーガが重そうだったのでラッキーを採用。

電気の一貫を切ることができ、ストッパー兼積みエースになれる汎用枠として襷ランドロスを採用し、並びが完成。

組んだ当初からほとんど中身は変わっておらず、ドラパゼルネエレキの技を少しいじった程度で構築が完成した。

 

【個体紹介】

すりぬけドラパルト@命の珠

f:id:aipokemon:20210302080634p:plain

実数値:163-*-95-167-96-194

努力値:0-0-0-252-4-252

技構成:流星群/破壊光線/大文字/ハイドロポンプ

 

調整意図

C:火力がめちゃくちゃ足りないので最大

S:準速

D:あまり、一応ダウンロード対策

 

壁偽装枠その1。

壁貼りや物理型を想定されやすく、特殊型は読まれにくい。

技構成は、禁伝竜やエスバウオノラやHBヌオーに刺す流星群、ダイジェットの起点にならないためのダイアタック用破壊光線、ナットカグヤに刺す大文字、カバランドドリュに刺すハイドロポンプ

刺さっているときは簡単に3タテ出来るが、ダイマックスを切れないと絶妙に火力が足りなかったり、命中不安があったりして危険。

初手に出てくるカバランドをダイストリームで破壊して裏のレジエレキの一貫をとるという動きが非常に強力だが、カバがDに振ってるとワンパンできないので注意。

初手ダイストリームは相手の困惑が見られて楽しい。

 

 

ミラーアーマーアーマーガア@ゴツゴツメット

f:id:aipokemon:20210302082038p:plain

実数値:205-107-172-*-106-87

努力値:252-0-252-0-4-0

技構成:ボディプレス/鉄壁/とんぼがえり/羽休め

 

調整意図

HB:最大

D:あまり

 

ザシアン日食ネクロ受け。

…のつもりだったが、終盤からザシアンにはワイルドボルトが、日食ネクロには熱風かアシストパワーが標準搭載されるようになったので勝てなくなった。

しかし、鉄壁による詰ませ性能や、とんぼがえりによる対面操作は十分強力で、クッションとしていい役割を果たしてくれた。

ゼルネアスが呼ぶドリュグロスに対してクソ強いのも評価点。

つのドリルを全部避けた最強のツノ避けマシーン。

ユウキさんの壁展開ゼルネアスの構築に入っていたのでゼルネアスの型誤認にも使えるかなと思ったが、影響があったかは不明。

特性に選択肢があるポケモンには最初に特性を書いているのだが、ミラーアーマーアーマーガアってなんかくどい。

 

 

ゼルネアス@こだわりハチマキ

f:id:aipokemon:20210302082846p:plain

実数値:233-201-115-*-118-120

努力値:252-252-0-0-0-4

技構成:じゃれつく/岩雪崩/インファイト/ウッドホーン

 

調整意図

HA:最大

S:あまり

 

構築の軸であり、変態型。

技構成は、メインウエポンであるじゃれつく、ホウオウヌケニンに刺す岩雪崩、鋼全般やラッキーをしばくインファイト、水地面を養分にするウッドホーン

本当に読まれず、敵の物理型ゼルネアスも見たことないので、世界で自分しか使ってなかった説がある。

ゼルネアスは有利不利がはっきりしているポケモンだが、物理型だと一見不利でもこちらからはガン有利みたいなことがあるので、選出段階からこちらからしか見えない勝ち筋を作ることができて非常に強力だった。

逆に普通のジオコンゼルネなら有利でも実は不利みたいなことが当然ある。

Hに振ることで禁伝との撃ちあいに強くなり、メタモンにコピーされてもHPの高さと鉢巻の火力で押し切れる。

もし削れている状態でスカーフメタモンにコピーされても裏のレジエレキよりも遅いので問題ない。

ダイマックスすると相手のゼルネアスの+2ダイフェアリーを耐えられるが、返しのダイフェアリーで別に倒せるわけではない。

例のバグのせいで選出してないことによる意表突きができない上、普通のゼルネアスより汎用性が高いためほとんどの試合で選出した。

初手でアドを取りやすいので初手に置くことが結構あった。

体感選出率はこいつが1位で、他はみんなトントン。

 

 

レジエレキ@こだわりメガネ

f:id:aipokemon:20210302084230p:plain

実数値:155-*-71-167-70-252

努力値:0-0-4-252-0-252

技構成:10万ボルト/雷/ボルトチェンジ/破壊光線

 

調整意図

C:火力が足りないので最大

S:準速(+1最速サンダーを抜ける程度)

B:あまり(Bに振ることでザシアンのきょじゅうざんの乱数が一つ変わるので、このルールではダウンロード対策よりもこちらを優先するべきだと思う)

 

壁偽装その2。

めちゃくちゃ早いのでスイーパー性能が高い。

技構成のポイントは雷であり、ドラパルトのダイストリームで地面枠を倒した後、雨下で雷を連打するだけで勝てることがある。

ちなみに火力がかなりギリギリで、無振りザシアンは10万ボルトで確定では倒せないので、雷を打つ必要がある。

相手の非ダイマポケをワンパンできるとき、相手が無理やりダイマックスして倒してくることがあり(特にカイオーガ)、そのようなプレイングをされるときは相手がかなりレジエレキが重い時なので、ボルトチェンジで温存するというプレイングが求められることがある。

 

 

自然回復ラッキー@しんかのきせき

f:id:aipokemon:20210302085316p:plain

実数値:325-*-62-*-157-71

努力値:0-0-252-0-252-4

技構成:地球投げ/電磁波/卵産み/ステルスロック

 

調整意図

BD:ぶっぱ

S:あまり

 

特殊全般の受け。

当初はカイオーガを受けてもらう予定だったが、シーズン終盤から珠や眼鏡のカイオーガが増殖し、スカーフでも急所に当ててくるので受からなかった。

サンダーをはじめとする他の特殊アタッカーにはめちゃくちゃ強く、カグヤなどの受けポケに対してTODを仕掛けることも少なくなかった。

ゴーストタイプに対して何もできないので、黒バドレックスやミミッキュの起点になりやすかったので、シャドボハピナスでもいいかなーとか思った。

禁伝にうまく電磁波を入れればゼルネアスでしばけることが多かったが、うまい人は全然入れさせてくれなかった。

 

 

霊獣ランドロスきあいのタスキ

f:id:aipokemon:20210302092528p:plain

実数値:165-216-110-*-100-143

努力値:4-252-0-0-0-252

技構成:地震/ストーンエッジ/空を飛ぶ/剣の舞

 

調整意図

AS:ぶっぱ

H:あまり

 

襷ストッパー。

無難に強かったので特に言うことなし。

HB剣舞オボンの方が全体的にザシアンに強くなると思うが、速い方がいいなあと思うことがあったので結局変えなかった。

意地っ張りか陽気か論争はどっちでもいい気がするのでなんとなく火力あった方がいいかなと思って意地っ張りにした。

そういえばこの構築、全員ぶっぱなの面白いね。

 

【重いポケモン

ミミッキュf:id:aipokemon:20210302093408p:plain

一人も弱点をつけず、皮貫通もできない上、珠アタッカーやイバンこらえる、呪い痛み分けとか方が多すぎるのできつかった。

特にこのルールだと純粋なアタッカーが少なく、ゼルネアスが呪い型を誘うので処理が面倒だった。

 

禁伝枠はみんな強いし重いのでこの後で言います。

 

【vs禁伝】

ポイントだけ書いているので参考程度に。

vsザシアン(+サンダー)f:id:aipokemon:20210302093721p:plainf:id:aipokemon:20210302093729p:plain

選出:エレキ+ドラパアマガゼルネから2匹

レジエレキを通すことだけを考える。レジエレキを通せれば勝ち、通せなければ負け。

 

vsムゲンダイナ(+テッカグヤ)f:id:aipokemon:20210302093951p:plainf:id:aipokemon:20210302094008p:plain

選出:ゼルネラッキードラパ

ゼルネラッキーでサイクルを回し、隙を見てドラパルトで崩す。ムゲンカグヤではラッキーを倒せないので、ラッキーでずっと居座ることも多く、TODを常に視野に入れる。

 

vsカイオーガf:id:aipokemon:20210302095822p:plain

ラッキーで流してから、他のポケモンにゼルネアスを合わせて殴る。レジエレキで上から殴ってもいいが、大抵裏にランドかナットがいるので、その辺を倒しておけばレジエレキを通せる。

 

vsゼルネアスf:id:aipokemon:20210302094220p:plain

相当厳しい。例のクレフゼルネに対してはランドロス剣舞を積んで無理やりぶち抜きたいが、相手のアーマーガアに対してエッジを急所に当てないといけない。

 

vsイベルタルf:id:aipokemon:20210302094446p:plain

ゼルネアスがイベルタルに相当強いのでなんとかなる。イベルタル入り受けループにいるラッキーヌオーヌケニンはみんなゼルネアスでワンパンできる。相手のイベルタルが初手ダイマしてくることが時々あるので注意。

 

vs日食ネクロズマf:id:aipokemon:20210302095218p:plain

アーマーガアで誤魔化し、取り巻きはゼルネアスでしばく。熱風とかアシストパワーとか持ってる奴は相当無理。ランドロスで先に展開するのもあり。

 

vs黒バドレックスf:id:aipokemon:20210302095530p:plain

黒バドレックスが初手に出てくることが多いので、初手ゼルネでダイマックスをしてアストラルビットを耐えて無理やり倒していた。温存された場合、レジエレキで縛れているので、とにかく身代わりを残させないようにする。

 

vs白バドレックスf:id:aipokemon:20210302100008p:plain

アーマーガアで上から鉄壁を積めるかどうかのゲーム。しかし、Sに振っているのかトリル型なのかでアーマーガアとのS関係が変わってきて、割と不利。ゼルネアスで無理やり撃ちあってもいい。

 

vsホウオウf:id:aipokemon:20210302100243p:plain

ゼルネアスで取り巻きごと粉砕できる。弱保ダイマは勘弁。

 

vsその他

ゼルネアスで有利をとれるポケモンが多いので頑張る。

 

【結果】

TN:AI

最高レート:1990

最終:630位(レート1911)

f:id:aipokemon:20210302101042j:plain

f:id:aipokemon:20210302101019j:plain

2/21に1990に到達し、そこから4連敗して最終までそのまま放置した。それ以降はサブロムで潜っていたが、熱風日食ネクロと珠オーガの増殖のせいもあって勝ちきれず、メインロムに戻ることはなかった。

 

【おわりに】

1990まで到達し、2000まであとちょっとなので次のシーズンも頑張っていこうと思います。

鉢巻ゼルネを使い続けるかは未定ですが、この並びは環境的に勝てないので使うとしても並びは変えると思います。

f:id:aipokemon:20210330052706j:plain

レンタルを貼っておくので興味がある方は使ってみてください(全員色違いでダイブボール入りなので気に入っている)。

 

Twitter→@AI__pokemon

【剣盾s14シングル】侵略ウツロナット【最高レート1901・最終1124位】

こんにちは、AIです。

剣盾シーズン14お疲れさまでした。

シリーズ7の最終シーズンということで、まずまずの結果ですが一応最高レートを更新できたので記念に記事を残したいと思います。

f:id:aipokemon:20210201191824p:plain

 

【構築経緯】

ナットレイが好きなので、流行しているカバナットサンダーウツロを使用。

ウツロイドの使用感がサンダーに比べて圧倒的によかったのでメインアタッカーをウツロイドにし、取り巻きは補助的な役割をさせることにした。

 

【個体紹介】

一撃ウーラオスメトロノーム

f:id:aipokemon:20210201192234p:plain

実数値:205-200-121-*-81-119

努力値:236-252-4-0-4-12

技構成:暗黒強打/身代わり/インファイト/毒づき

 

調整意図

A:最大

H:身代わりが地球投げ一発耐え

HD:身代わりがドヒドイデの熱湯を一発耐え

 

最初はAS鉢巻型を使っていたが、受けループに全く勝てなかったので最終日に身代わりメトロノーム型に変更。

毒づきを採用することでブルルにも勝てるようにしたが、最終日はブルル入りの受けループに当たらなかった。

身代わりがあったおかげでメタモン入りの受けループに一回だけ勝った。

汎用性は鉢巻に比べてかなり落ちる上、最終日はほとんど受けループに当たらず実際にはあまり活躍しなかったが、受けループが来ても安心!という精神的な面で活躍してくれた。

 体感選出率4位。

 

 

ナットレイ@ウイの実

f:id:aipokemon:20210201194142p:plain

実数値:181-114-201-*-137-23

努力値:252-0-252-0-4-0(s個体値2-3)

技構成:ジャイロボール/ボディプレス/やどりぎのタネ/鉄壁

 

調整意図

HB:最大

S:最遅ナットレイ抜き

 

相棒枠。

かなり多くのパーティに対して初手で選出した。

ヒレにトリックされたり水ウーラオスインファイトされたり散々な目に遭ってきたが、なんだかんだ信頼していた。

ナットレイミラーで有利を取るための自慢のS23調整で、鉄壁ボディプレスナットレイミラーでもナットレイを削れば裏のウツロイドが通るので積極的に相手のナットレイに投げていた。

ときどきこいつより速いナットレイがいたがあいつらは何なんだろうか。

体感選出率1位。

 

 

ウツロイド@パワフルハーブ

f:id:aipokemon:20210201195232p:plain

実数値:185-*-78-168-152-170

努力値:4-0-84-164-4-252

技構成:ヘドロ爆弾/草結び/メテオビーム/アシッドボム

 

調整意図

S:最速

C:ビーストブーストでSを上げるために170未満

HB:なんかの記事でCを169にするよりBを78にした方がなんかの乱数が変わるって見たけど忘れた

 

本構築のMVPでありエースでありアイドル。

ウツロイドをどうやって通すかを考えながらプレイすることが多かった。

使う前はなんでウツロイドがこんなに順位高いんだと思っていたが、使ってみたら最強だった。

ヘドロウェーブよりも毒にする確率が高いヘドロばくだん、Dダウンでラッキーやポリゴン2を無理やり崩せるようになるアシッドボム、水地面やカバルドンドサイドンに抗うための草結びなど、若干変な構成だがかなり有用だった。

かなりメテオビームを当ててくれる偉い子だったが、受けループに対して択勝ちしたときに限ってメテオビームを外したのは許さん。

体感選出率2位。

 

 

静電気サンダー@ゴツゴツメット

f:id:aipokemon:20210201203559p:plain

実数値:191-*-150-146-112-125

努力値:204-0-252-4-12-36

技構成:暴風/熱風/ボルトチェンジ/羽休め

 

調整意図

H:16n-1

B:高め

S:最速テッカグヤ抜き

 

なんかテンプレに入っていたからずっと入っているポケモン

環境トップなので対策されすぎていて使いづらかった。

カミツルギ、水ウーラオス意識のHBゴツメ型だが、ウーラオスは選出画面でわからないのでカミツルギ入りにしか出していない。

こいつがいるせいでドサイドンがめちゃくちゃ出てきて嫌だった。

多分テッカグヤの選出抑制になっていたし、カミツルギ入りにはちゃんと勝ってくれたのでまあよかった。

体感選出率6位。

 

 

ミミッキュ@命の珠

f:id:aipokemon:20210201204335p:plain

実数値:131-142-100-*-125-162

努力値:4-252-0-0-0-252

技構成:じゃれつく/ゴーストダイブ/剣の舞/影うち

 

調整意図

S:最速

A:高め

 

諸説枠。

最初はレヒレが入っていた枠だったが、構築に合う型が見つからなかったので、どっかの構築記事で入っていたこいつを採用した。

あんまり信用していないのであまり選出しなかったが、誤魔化し枠が欲しいときに選出してちょくちょく活躍してくれた。

ナットレイドサイドンにもっと強い型にするべきだったと反省している。

ヒレをこいつにしてから水ウーラオスにめっちゃ苦しめられたので、やっぱりレヒレでもよかった気がする。

体感選出率5位。

 

 

カバルドン@アッキの実

f:id:aipokemon:20210201205136p:plain

実数値:215-132-187-*-93-67

努力値:252-0-252-0-4-0

技構成:地震/欠伸/氷の牙/怠ける

 

調整意図

HB:最大

D:あまり

 

エースバーン対策枠。

受けだしから大体のエースバーンに勝てる。

珠エースバーンのキョダイカキュウが9割入ったときは目ん玉飛び出た。(特殊型だった)

地震ワンウエポンだと思って剣の舞をしにくるランドロスに刺す氷の牙は強かった。

ステロが欲しい場面も多く、欠伸との選択だと思う。

第7世代ではなぜか毛嫌いしていたが、使ってみると非常に頼りになるポケモンだった。

体感選出率3位。

 

【重いポケモン

ドサイドンf:id:aipokemon:20210201210041p:plain

サンダーがいるせいで100%出てくるし剣の舞をされたら止まらない。

ダイアースや突撃チョッキでDを上げられるとウツロイドの草結びやダイソウゲンで倒せないので無理だった。

しかもなんで全員カバルドンより速いの…

 

・ブリザポスf:id:aipokemon:20210201210216p:plain

この馬硬すぎる。

よくわからんけど勝てない。

こいつも全員カバルドンより速いのなんで…?

 

・ウーラオスf:id:aipokemon:20210201210416p:plain

選出画面でどっちかわからないのがズル過ぎる。

最終日はスカーフ水ウーラオスにめちゃめちゃにされることが多かった。

ウツロイドがSを上げられればぶち抜けるが、それ以外の勝ち筋をつぶされるので辛かった。

 

【結果】

TN:AI

最高レート:1901

最終:1470位(レート1840)

f:id:aipokemon:20210201210716j:plain

(実はこのあとに1敗して2勝したので多分1901よりもレートが高い状態になったことがあるのだが、そのあと即負けしたので見られなかったのである)

 

TN:わさびのり

最終:1124位(レート1873)

f:id:aipokemon:20210201211037j:plain

 

【Special Thanks】

最終日の深夜3時に家に押しかけても迎え入れてくれたリア友Nくんマジで神

 

【おわりに】

シリーズは変わりますが、次のシーズンではレート2000目指して頑張ろうと思います。

Twitter→@AI__pokemon

【s9最高レート1900】ラティナットサイクル

みなさんこんにちは、AIです。

s9お疲れ様でした。

前回の記事でも言った通り、目標だったレート1900を達成したので、記念に記事にしたいと思います。

f:id:aipokemon:20180513102104p:plain

 

〈構築の経緯〉

①いつも通りラティナットで行こう。

②バシャナットサンダー+ラティが結果残したらしい、使ってみよう!

③アーゴ重い、ドランいれよう。

④水枠と妖枠ほしいなあ、レヒレでいっか

⑤回しながら個体変更して終わり!

 

〈構築紹介〉

f:id:aipokemon:20180501214610g:plain

ラティアス@ナイト

臆病HS

ショック/再生/瞑想/身代わり

f:id:aipokemon:20180501214658g:plain

ラティアス@ナイト

穏やかHDベース、最速ガッサ抜き

ショック/再生/瞑想/身代わり

 

エース枠。

最初は臆病で運用していたが、Sが必要な場面が少なく、レヒレゲッコウガに強く出たかったので穏やかに変更した。

いうまでもなく強かった。

1900チャレンジではテクスチャーz後電気タイプポリzを起点にして降参を選ばせた。

また、悪巧み後ボルトロスへ受けだしたときにめざ氷が急所にあたってもそこから起点にできたり、瞑想を一回積んだめざ氷メガフーディンを起点にしたりと、不一致弱点程度なら余裕で受けきれる。

耐久がどれほど恐ろしいかが分かると思う。

しかし、有利不利がはっきりしていて、相手が鋼や悪を多く選出していると腐りやすいので、適当に選出するときっちり負けた。

終盤は後述のバシャーモをほぼ選出しなかったので、腐ることが多かったため、選出にパワーを持たせるポケモンがほしいところ。

 

f:id:aipokemon:20180501214747g:plain

ナットレイ@残飯

呑気HB

ジャイロ/宿り木/守る/ステロ

 

ラティナットの片割れ。

前まではジャイロの枠がマンガンだったが、飛行zギャラの流行、雨パの減少、またミミッキュの遂行速度を上げたくてジャイロに変更した。テテフに対しても強く出られるようになったので変更してよかったと思う。

1800帯でナットを使っている人が全然いなくて不思議に思う。

1800帯でも十分戦えるくらいのポテンシャルがあると個人的には思った。 

 

f:id:aipokemon:20180501215249g:plain

バシャーモ@ナイト

陽気AS

フレドラ/地震/馬鹿力/守る

f:id:aipokemon:20180503222245g:plain

バシャーモ@ナイト

うっかりやACSベース

フレドラ/地震/剣舞/めざ氷

 

見せ枠。ほとんど選出しなかった。

ルルドヒドに強く出られるように地震採用バシャーモだったが、グライオンが重かったのでサックーさんのブログで見かけた守る切りバシャーモを入れてみた。

↓サックーさんのブログ(無断記載すみません、問題があれば消します)

S8最高2187/最終2128 明日へ漕ぎだすラティアスクチート - サックーのブロマガ

しかし、サイクルに参加させづらかったため選出率は上がらなかった。

ヒレを誘ってラティで起点にする動きは強かったが、構築全体で重いマリルリを呼ぶので微妙だった。

 

f:id:aipokemon:20180501215057g:plain

サンダー@ゴツメ

図太いHBベース

放電/めざ氷/熱風/羽休め

 

ボーマンダとして使った。

めざ氷で身代わりを壊し、羽休めに合わせて放電を打つことで麻痺させて倒していた。

しかし、裏から出てくるカバガルドに勝てないため、共有パへの勝率は体感で2割を切っていた。

ガルーラが重めなので、ゴツメで削るためにもよく出した。

耐久がぎりぎりなので、相性の悪いポケモンに適当に出しても何にもならないので注意。

 

f:id:aipokemon:20180501214940g:plain

ヒードラン@チョッキ

穏やかHDベース

マグスト/エッジ/ラスター/大地

 

ウルガアーゴ対策。

ナットドランがいるのに出てくるテテフを倒すこともあった。

ドランミラーには強いほうだが、ラティで起点にするほうが強いことに気づいてからはドランに対してはあまり選出しなかった。

 

f:id:aipokemon:20180501215012g:plain

カプ・レヒレ@イア

控え目HCSベース

ハインプ/瞑想/ムンフォ/身代わり

カプ・レヒレ@水z

控え目HC

ハインプ/瞑想/ムンフォ/挑発

 

汎用枠兼悪対策。

Sに振っている個体を使い続けていたが、Sに割いていてよかったと思える場面が少なすぎたのでHCぶっぱにしたら世界が変わった。

適当に使っても強かったが、いつも通りHP管理が難しかった。

 

〈選出パターン〉

無い。自由に選出する。

体感的にはラティナットレヒレとラティナットサンダーが多かった印象。

パターンがないせいで困ったときに変な選出をしてしまうのはとても嫌だった。

 

〈これからの課題〉

 ①アーゴヨン対策枠

穏やかチョッキドランではパワーが足りないため、メガバンギやミミッキュの採用を検討したい。

 ②ボーマンダ対策枠

普通のボーマンダに強いサンダーだが、カバマンダガルドの並びに勝てないので、ほかの対策を検討したい。

 ③受けループ対策枠

自然にサイクルに組み込めるような受けループ対策がほしい。

 ④基本選出の確立

今のところ基本選出がなく、ラティナットが強いというだけなので、ラティナット+何かの基本選出を探していきたい。

 ⑤裏エース

裏エースのメガ枠で強いやつがほしい。メガ枠がラティだけだと心もとない。

 

〈まとめ〉

1900まで行けたのは、マッチング運が良かったとしか考えられない。

ラティを選出できないと選出にパワーが足りないし、パーティで共有パに弱いという時点で欠陥だと感じた。

リアルでの忙しさとも兼ねあって、頑張って2000を目指したい。

 

Twitter→ @AI__pokemon

図太いラティアス単体考察

みなさんこんにちは、AIです。

Twitterをフォローしてくださっている方は知っていると思いますが、目標であったレート1900を達成しました。

とてもうれしいです(尚、即1850程度まで落ちた模様)。

1900に乗った構築は今度紹介するとして、自分で考えた図太いラティアスの考察をしていきます。

ちなみに、このラティアスは1900達成に全く貢献していません()

 (以下常体)

〈まえがき〉

f:id:aipokemon:20180501214658g:plain

ラティアス@ナイト

サイコショック/自己再生/瞑想/身代わり

 

ラティアス可愛いよねえ…

持ち物や技構成はパーティでの役割上固定(これを変えたものも考えてみたい)として、性格、努力値は考察の余地があり、まだまだ可能性を秘めているうちのパーティのエース。

ちなみに、こないだPGLを見てたら知ったんだけど、身代わり持ちラティアスって全然いないらしいよ。

 f:id:aipokemon:20180503205857j:plain

 〈経緯〉

それでは、本題の図太いラティアスについて、なぜ図太いなのか?

簡単に言うと、ガッサの岩石封じを身代わりが耐えたいだけ。

f:id:aipokemon:20180503222044g:plain<岩石封じするぞ

レートに潜っていたらキノガッサがでてくるでてくる。

冷静に考えれば、草枠がナットレイだから出てくるのは当たり前なわけだ。

そこで、「ラティアスで起点にしちゃえばよくね?」と思って調整スタート。

 

〈調整〉

図太いラティアス@ナイト

努力値 252-*-140-4-68-44

H:ぶっぱ

B:

意地キノガッサの岩石封じを身代わりが最高乱数以外耐え(20.8%〜25.1%)

A4振りカバルドンの氷の牙を身代わりが確定耐え(20.3%〜24.5%)

無振りテッカグヤのヘビーボンバーで身代わりが確定1発(25.6%〜30.4%)

CD:余り

S:陽気キノガッサ+2

 

ちなみに従来のラティアスはこちら。

臆病ラティアス@ナイト

努力値 252-*-0-0-4-252

 H:ぶっぱ

B:

意地キノガッサの岩石封じで身代わりが確定1発(26.2%〜31%)

A4振りカバルドンの氷の牙で身代わりが確定1発(25.6%〜31%)

無振りテッカグヤのヘビーボンバーで身代わりが確定1発(31%〜37.4%)

D:余り

S:最速

 

〈使用感〉

6世代で使ったバトン先図太いラティアスがいたので振りなおして使ってみた。

とても微妙。

この娘に変えてから途端にキノガッサを見なくなった。とても不思議。

たぶん試行回数が少ないからだと思うが、弊害が出そうだったので使うのをやめた。

それでは、この娘が微妙だった点を挙げていく。

 

・剣舞キノガッサの流行

従来のキノガッサは「マンガン/マッハパンチ/キノコの胞子/岩石封じ」だったのだが、最近は「マンガン/マッハパンチ/キノコの胞子/剣舞」という編成が増えた印象。

このせいでナットレイがボコボコにされる代わりに、このおかげでラティアスが身代わりを貼ることで1ターン確実に動ける。

そう、図太い必要がなくなってきているのだ。

 

・役割対象への不安定性

この型のラティアスの現環境における最大の役割は、ボルトロスの受けなのだ。

f:id:aipokemon:20180503222117g:plain

従来のラティアスなら最速ボルトロスの上から瞑想再生ができるし、穏やかならとんでもない特殊耐久で無理やり起点にできる。

しかし、特殊耐久が低く、ボルトロスより遅い図太いラティアスではボルトロスに安定しない。

 

キノガッサ以外の物理型への役割の広がりの狭さ

このラティアスは瞑想で特殊型を嵌める型なのだが、役割対象に入る物理型もいる。

カバルドン

f:id:aipokemon:20180503222143g:plain

〈調整〉の通り、氷の牙カバルドンを起点にできる。

しかし、吹き飛ばしがあればラス1以外では起点にできず、氷の牙持ち自体の個体数が少ない。

テッカグヤ

f:id:aipokemon:20180501215202g:plain

〈調整〉の通り、図太いであってもヘビーボンバーを耐えられない。

ラティアステッカグヤのヘビーボンバーのPPを枯らす場面は結構多く、もし身代わりがヘビーボンバーを耐えればみんな幸せだと思ったのだが、無理だった。

正直、キノガッサの岩石封じよりも耐えてほしかったのだが、HBぶっぱでも確定だえできない。

ランドロス

f:id:aipokemon:20180501214912g:plain

図太いでなくても受けが成立する(叩き落とす、岩石封じ、とんぼ返りなど)

また、剣舞もちなら図太いであっても受けが成立しない。

グライオン

f:id:aipokemon:20180503222204g:plain

計算していないが、多分岩石封じの乱数が変わる。

しかし、岩石封じ持ち自体の個体数が少ない。

また、Sを落としているため、上から毒やハミチンを入れられる可能性が上がるほうが困る。

バシャーモ

f:id:aipokemon:20180503222245g:plainf:id:aipokemon:20180503222228g:plain

図太いでなくても勝てる。

剣舞炎zは択に負けるとどっちみち無理。

このように、物理型への役割の安定も見受けられない。

 

キノガッサを起点にしたところで裏のポケモンに勝てない

初手でラティアスキノガッサ対面を作れたとする。

身代わりを貼って胞子or岩石封じを受けて身代わりを残す。

そうすると相手は99.9%引いてくる。

つまり、キノガッサの裏から出てくるポケモンに勝てなければ、ただキノガッサを流せるだけなのだ。

キノガッサの入る有名な並び↓

・ガルミミガッサ

f:id:aipokemon:20180503223905g:plainf:id:aipokemon:20180503223938g:plainf:id:aipokemon:20180503222044g:plain

・ポリクチガッサ

f:id:aipokemon:20180503224008g:plainf:id:aipokemon:20180503224105g:plainf:id:aipokemon:20180503222044g:plain

いや、ポリゴン2以外勝てないっす。

 

〈まとめ〉

ここまでしっかり考察したが、今の僕のパーティでは図太いラティアスは採用する意味がなかった。

もし採用するとしても、パーティ全体でキノガッサを誘い、裏のポケモンに厚くする必要があるだろう。

また、こいつがメジャーになるのはキノガッサの使用率が5位以内に入った時くらいだと思われる。

ボルトロスキノガッサがどうしても重い場合は考えてみてはいかがだろうか。

一応言っておくが、キノガッサは受け出しからでは勝てない()

長くなりましたが、読んでくださった方はありがとうございました。

 

Twitter→ @torei_pokemon

はじめに

初めまして、AI(エーアイ)と申します。

今回、ブログを開設しましたので、簡単に自己紹介をします(以下常体)。

 

名前はAI。

BWからポケモンをやっており、レートに参入したのはXY。

XY~ORAS前期までは論者をしていましたなwwww

ORAS時代にヤーティを使っていたら友達から、

「役割論理弱すぎるからこの対戦負けたら引退しろ」

と言われ、見事に敗戦し、論者引退。

そしてORAS後期~USUM現在までシングルレートで対戦をしている。

論者だったせいかサイクル構築を得意とする。

対面構築、バトン構築、トリル構築などにも浮気したが、全然ダメだった。

ORASのころに読んだ、みょんさんのメガラティアスの記事を忘れられず、ラティナットばかり使っている。

最高レートはUSUMシーズン8で1867という雑魚なので、このブログはメモ程度に使っていく予定。画像は1864だが、実は1867まで行った(どうでもいい)。

もっと強くなって構築記事として使っていきたい(願望)

まずは目指せレート1900というところ、よろしくお願いします!!!!

 

Twitter→ @AI__pokemon

 

f:id:aipokemon:20180415190718j:plain